SDGsへの取り組み

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは "Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)" の略称。

2015年9月、ニューヨーク国連本部にて開かれた「国連持続可能な開発サミット」において、国連加盟国により採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された「2016年から2030年までの国際目標」のことです。すべての人が平和と豊かさを享受できることを目指し、「17のグローバル目標」と「169のターゲット(達成基準)」で構成されており、地球上に誰一人として取り残さない("leave no one behind")ことを誓っています

株式会社こざきは経営理念に「建物の価値ある再生」掲げ、お客様の大切な建物を修繕するだけでなく、より住みよく進化させることが地域社会に貢献する取り組みと考えております。この取り組みを継続する事で世界が目標に掲げる持続可能な社会の実現に貢献して参ります。

 現在のSDGsへの取り組み

現在の取り組みを継続する事でSDGsへの貢献して参ります

従業員の労働環境の改善していきます

建設業はたくさんのやりがい(=働きがい)が顕在する業種だと思います。しかし建設業は慢性的な人材不足に加え短工期による労働時間の長時間化など多くの問題が顕在しています。この問題に着手し現場管理の体制の改善に取り組み従業員一人一人がやりがいを持ち、健康に生活できる環境を整えることで従業員を守り、従業員と共に会社を成長させていきます

<現在の取り組み>

有給休暇や週休2日の取得しやすい現場管理体制

目標面談・人事考課制度の導入

従業員の技能・技術を高めていきます

やりがい等をもって建設業に飛び込んだ社員に対して企業としての責務は「育成」と考えます。入社した従業員に対し計画を立て教育・資格取得を促し、現在多くの技術及び技能をもつ従業員が在籍しています。また弊社から起業した方も多くいます。こうした育成を継続する事で建設業の基盤を支えていきます。

<現在の取り組み>

社員教育の一環として職業訓練校への就学

高い技能・技術力を持って建物の改修・修繕に取り組みます

​建物は経年に応じて多くの修繕が必要になってきます。お客様の大切な建物を弊社及び協力業者の技術及び技能を持って修繕し外観や機能性を確保していきます。またニーズに応じたリノベーションすることで機能性の追加や可変性を付加し建物をよりよくしていきます

<現在の取り組み>

マンション及び住宅等の修繕・改修工事

​住戸内のリノベーション

 今後のSDGsへの取り組み

今後これらの目標に取り組みSDGsへの貢献して参ります

女性でも働きやすい環境や制度づくりを進めます

建設業における女性就業者の割合は13%となっており他業種に比べ大変少ない現状があります※1。弊社としても女性が働きやすい環境構築のため、産休・育児休業制度の充実に取り組んでおります。また女性だけでなく従業員の私生活との両立を配慮しフレキシブル使える時間有給制度の導入などすべての従業員が働きやすい環境を整備していきます

<今後の取り組み>

制度利用へ向けた仕事手順等の共有​

女性に適したハード環境整備

※1 平成27年12月 国土交通省「建設業における女性の活躍推進に関する取組実態調査 参考

技能実習生・外国人従業員の成長を通して日本と諸外国の架け橋になります

​若手人材として多くの外国人従業員が在籍しており、国も様々で現在中国・ミャンマー・インドネシアの方がいます。言語の中でも難しいとされる日本語を学び、1年もすると日常会話は問題なく話すことができるようになります。そのバイタリティには感化されるものがあります。従業員の中には自国に戻り会社を興す夢を語る人もいます。弊社としてできることは「育成」です。弊社で培った技術及び技能を諸外国で発揮することが貢献につながると考えます。

<今後の取り組み>

外国人従業員への技能者及び技術者育成、生活環境拡充及び生活相談

建設業においての「つくる責任」を担います

建設業は様々な分野があります。弊社はその中でも「マンション改修専門業者」となります。その為、新築工事は主な業種ではありません。弊社の経営理念に掲げる「価値ある再生」とは「今ある建物をより良くする」ことになります。建物をより良くする為にスクラップアンドビルドでは大量の廃棄物が発生してしまいます。今ある建物を大切に使い続ける「ストック活用」に貢献していきます。

<今後の取り組み>

​マンション等の修繕計画